この本はミステリー作家の島田荘司が書いたシャーロック・ホームズと夏目漱石を題材にしたパロディ小説です。
パロディではありますが、本格ミステリー小説でもあり、推理もちゃんと楽しめます。
物語の中ではシャーロック・ホームズが実在の人物として書かれ、ロンドンに留学中の夏目漱石と出会うのですが、当時の夏目漱石は神経を病んでおり、またシャーロック・ホームズも相当な変人として描写されるので、そのやりとりは大爆笑間違いなしというものになっています。
夏目漱石の側の描写は彼の一人称で書かれ、シャーロック・ホームズの側はおなじみのワトスン医師により書かれていますが、それぞれの描写が全く食い違っているのがとても面白いです。
一冊の本で夏目漱石の小説とホームズの物語が一度に読めるようなユーモラスな作りになっています。
それぞれの視点の物語を読みながら、事件が進行していくので全く飽きずに読み進めることができると思います。
それぞれの作品を知っている人はニヤリとする描写がいたる所に散りばめられています。
また、どちらの本も読んだことがない人でも誇張されて描かれたキャラクターたちに「本物は本当にこんなに変な人たちなんだろうか」と気になってしまい、夏目漱石の書いた小説やホームズの物語を読みたくなってくると思います。