「男の子のところに女の子が落ちてくるファンタジー設定の逆版をやってみようという、恋愛小説の名手、有川浩の作品です。

主人公、さやかはしがないOL。ある日、飲み会帰りに返ってくると、さやかが住むマンションの植込みに男が倒れていたのです。

死んでいるのなら警察を呼ばなくては、と身構えるが、男は行き倒れていただけだったのです。

なかなか見てくれはよい「イケメン」の部類であったその男。

「咬みません。

躾の出来た、良い犬です」と、さやかに一晩だけの宿を求めます。

さやかは、一人暮らしではあるが、自炊はほとんどせず、コンビニのお弁当で食事を済ませるズボラな女性です。

男にカップラーメンを食べさせることにします。

そして、翌朝。

台所に立って朝食を作ってくれたのは、昨日泊めた男だったのです。

男の名は「樹(イツキ)」。

「よかったら、仕事が決まるまでここにいない?」

さやかは、樹を引き留めて、自分の部屋に住まわせることにしました。

一緒に日々を過ごすうちに、樹が極度の「植物オタク」で、野草に詳しいことがわかっていきます。

そして、さやかは樹への恋心を募らせていきます。

さやかが樹への気持ちを爆発させるシーンがあるのですが、そこがお気に入りです。