良い野球選手とは、どんな選手でしょう?
例えば、バッターなら打率が高い、足が速い、バッティングフォームが良いなどそういったことを思い浮かべると思います。
実際野球の本場アメリカでは、選手をスカウトする際にはこういったことを評価基準にしていました。
しかし、アスレチックスのゼネラルマネージャー、ビリー・ビーンは少し違いました。
従来の評価基準にとらわれず、統計学的に野球を分析し独自の評価基準を生み出したのです。
そして、ビリーはその基準に基づいて選手をスカウトしていきます。
スカウトされた選手は、それぞれ個性的な選手でした。
投球フォームが奇妙な選手、他球団から戦力外通告された選手、足が遅い選手などほかの球団が見向きのしない選手が集まりました。
誰もが冷たい目でビリーを馬鹿にしていました。
しかし、アスレチックスは、リーグ優勝をします。
これを機に従来の野球選手の評価方法が大きく変化していきます。
マネー・ボールは、この一連の物語を小説風にまとめたものです。
また、ブラットピットが主演で映画化もされています。
小説を読むのが気が進まないと思う人は、映画を観てもいいのかもしれません。
マネー・ボールを読み終えてから、世の中の評価基準は、果たして正しいのかと常に考えるようになりました。
自身のものの見方が大きく変化し、新し目線でものを考えられるようになりました。
最近読んだ本で、本当に面白かったのでぜひ読んでみてください。