齋藤孝さんが書いた「偉人たちのブレイクスルー勉強術 ドラッカーから村上春樹まで」という本を読みました。

著者の齋藤孝さんは文学部の大学教授をされていて、テレビのクイズ番組に出演された事もあるほど博識なんです。

そんな教養のある方が書いた、偉人たちの勉強法を紹介する本です。題名の通り、ドラッカーや村上春樹など、世界の偉人たちはどんな勉強法を実践していたかを紹介していた本なんですが、これが面白かったです。

ただ勉強法を紹介していくのではなく、「一人ではやる気がおきにくいあなたに」など、色んなタイプの人に向けてこんな偉人の勉強法はどうですか、と紹介していく内容なので、自分はこういうタイプだな、じゃあこんな勉強法が向いているのかな、と自分事として考えながら読んでいける内容になっています。

それだけではなく、著者の齋藤さんが偉人たちの勉強方法を紹介していく中で、この勉強法はこうだからこういう風な特徴がある、大事なポイント、面白い着眼点はこういう風な事だ、という事を分析して読者にわかりやすく説明してくれているので、勉強方法をまるまる真似しなくてもこのポイントを押さえて勉強してみたらいいのでは、など要点を自分の勉教スタイルに取り入れていけるのが面白いです。

もちろん、勉強方法に悩んでいる人だけではなく、勉強方法を紹介している偉人の性格などが透けて見えるので、ただの読み物としても楽しく読めました。

読みやすい文章なので、最後までさらさら読めました。