ビタミンFは重松清の短編集で、どの話も30代後半の男性が主人公です。 中年に差し掛かる、さまざまな問題を抱えた少し疲れたお父さんの目線から語りかける短編集です。 全部で8話収録されていますが、どれも大変読みやすく、楽しめる話ばかりです。 その中でも私の心に突き刺さったのは、4番目に収録されている「セっちゃん」というお話です。 この話は、セっちゃんという女の子が毎日陰湿ないじめにあっていると、娘から聞かされていたのですが、実はセっちゃんなどいなくて自分の娘がいじめにあっていたという話です。 自分の娘が今まで... Read More