この本はミステリー作家の島田荘司が書いたシャーロック・ホームズと夏目漱石を題材にしたパロディ小説です。 パロディではありますが、本格ミステリー小説でもあり、推理もちゃんと楽しめます。 物語の中ではシャーロック・ホームズが実在の人物として書かれ、ロンドンに留学中の夏目漱石と出会うのですが、当時の夏目漱石は神経を病んでおり、またシャーロック・ホームズも相当な変人として描写されるので、そのやりとりは大爆笑間違いなしというものになっています。 夏目漱石の側の描写は彼の一人称で書かれ、シャーロック・ホームズの側はお... Read More