面白いと思ったビジネス書は、ナイキ創業者のフィル・ナイトの「シュードッグ」という本です。この本では 、世界的なスポーツ用品メーカーとなった、ナイキが 、どのように 発展したのかということが、創業者の フィル・ナイトの自伝として描かれています。 なかでも驚かされたのは 、ナイキが 、当初は、日本のスポーツメーカーである、ASICSの代理店としてスタートしたということです。 そして中でも、面白く感じたのは、フィル・ナイトが単身日本のアシックス本社に乗り込んでいって、代理店契約を取り付けてしまったことです。その... Read More