日本の推理小説の代表的な作家のひとりである江戸川乱歩の作品のひとつです。 江戸川乱歩といえば名探偵・明智小五郎のシリーズが有名ですが、この小説もそのひとつです。 ただし、この小説での明智の登場は少なく、最後の謎解きの段階になって少し出てくる程度です。 江戸川乱歩の推理小説の特徴に、怪奇性の強さが挙げられますが、この小説の怪奇性は物語のスリリングな展開と結びついていて、出色の出来でした。 作品のタイトルになっている「悪魔の紋章」というのは、殺人現場に残されている指紋の事です。 これが大変に珍しい三重渦状の指... Read More