辻村深月の本を紹介するのはとても難しいです。 なぜなら抜群に面白いシーンは往々にしてその話の肝であり、答えであり、壮大なネタバレだからです。この『スロウハイツの神様』もそんなオススメしづらい辻村深月作品のひとつです。 この本の好きなところを挙げるとなるとキリがないのですが、特にという点を挙げるとするなら、それは登場人物がちゃんと生きているというところでしょう。 この物語では、話し手となる主人公がころころと変わっていく。 それは売れっ子脚本家であったり、天才画家であったり、苦労人の漫画家志望であったりするの... Read More