東野圭吾の小説です。以前から同作者の他の作品を好んで読んでおり、この作品も手に取りました。 「虚ろな十字架」は死刑制度の是非がテーマになっています。 死刑制度に関わる問題が起きるのですから、悲しいシーンも多いです。 主人公の家族が被害者となるのですが、家族を失った人の苦しみについて、文章を読みながら痛いほど考えさせられます。 悲しみをどのようにして克服していくのか、死刑制度が悲しみを乗り越えるための一助になるのか、という点もこの小説を読みながら思いを巡らせました。 被害者と加害者、また事件を裁く側それぞれ... Read More