小説「言の葉の庭」の感想・アニメーションとの違い

「言の葉の庭」は新海誠監督の作品で、小説はアニメーションの後に作られ、アニメーションでは描かれない部分が書かれています。 ストーリーは男子高校生が日本庭園で知らない女性と出会い、互いに恋に落ちていくというものです。 私がこの小説で感動したのはラストのシーンです。それは、主人公がヒロインとマンションの踊場で泣きながら抱き合うというものです。ヒロインの部屋から飛び出した主人公をヒロインが裸足で追いかけ、本当の気持ちを伝えながら主人公を抱きしめるのです。詳しく説明できませんが、主人公はここでやっとヒロインの気持... Read More

「幸運の女神を味方にする方法 / 森田 健 著」を読んで

この本は、自分で運命を切り開こうとしてはいけないという努力が一番と広く考えられている価値観に一石を投じる本です。自分で頑張っても効率が悪いから、目標を持って努力するより、外見や環境を変えることによって運を良くするというものです。 「内面を磨く努力をするより服装や髪形を変える方が開運につながる。」、「玄関から向かって右側を左側より高くする方が開運する。」、「異性運を上げたかったら、玄関から向かって女性は右側、男性は左側に空の花瓶を置くといい。」等の具体例が書いてあります。 また、ラッキーなことが起きた時、「... Read More